Column
マレーシアでホームページを作成するには?具体的な準備方法やメリットをご紹介!
2022/07/01

 

今回は、マレーシアでHPを作成をする上で準備しておいたほうが良いこと、また作成するメリットをご紹介します。

 

ホームページを作成する上で考えておいたほうが良いことは、大きく分けて、4つです。

 

1.ホームページを作成する目的を考える。

2.自社の商材のターゲットを考える。

3.事業、会社、商品、サービスの強みを考える。

4.ホームページを作成する上でこだわりたいことを洗い出す。

 

ホームページ作成の依頼をいただいて何よりもまず確認したいのがホームページを作る目的です。それぞれ解説していきます。

 

1.ホームページを作成する目的を考える。

1.ホームページを作成する目的を考える。

ホームページを作成する目的は主に2種類で考えられます。

1つ目は信用力の向上、2つ目はお申し込みの向上になります。

それぞれ、詳細を記載しておりますので、目的を考えていく上でのご参考になりましたら幸いです。

 

信用力の向上

・実在する人や会社であると思っていただきたい

・会社・商品・事業・サービスの認知度・知名度を上げたい

・お客様に企業の理念に共感していただきたい

・ブランディングをしたい

・Googleマップの「ウェブサイト」に登録したい

・ブログなどで見込みのお客さまへの情報発信をしていきたい

・既存の取引先やお客様に見ていただきたい

・事業の実績を乗せていきたい。

 

お申込みの向上

・新規受注を増やして売り上げを上げたい

・お問い合わせ数をアップさせていきたい。(見積もり依頼数や予約数、資料請求数等のアップ)

・メールマガジンの登録を増やしたい(見込みのお客様の会員登録数アップ)

・求人募集を増加させたい

 

 

2.自社の商材のターゲットを考える。

2.自社の商材のターゲットを考える。

自社の商材のターゲットを考えていく際、自社製品やサービスの標的となる市場を明確にしておくことです。

そして製品やサービスは「有効な市場規模を有しているか」「今後も伸び続けられる成長性があるか」「他社との競合状況はどうか」といった内容を精査していきます。

その上でどのようなターゲット層の顧客にアプローチしていくかを考えます。

ホームページを作成する際、これは非常に重要な項目となってきます。

主に考えるのが、ターゲットとなる企業の特性、特徴、部門、職種、職位についてを、それぞれ詰めていきます。

 

3.事業、会社、商品、サービスの強みを考える。

3.事業、会社、商品、サービスの強みを考える。

具体的に、自社の本当の強みについて以下のステップで確認してみます。

 

    (1)強みをできるだけ明確に特定する

          ↓

    (2)競合企業よりも本当に優れているかを確認する

          ↓

    (3)現状だけではなく、将来における強みも検討する

          ↓

    (4)強みを強化するための計画を策定する

 

上記のステップをご参考に、一度考えてみてください。

 

4.ホームページを作成する上でこだわりたいことを洗い出す。

4.ホームページを作成する上でこだわりたいことを洗い出す。

お客様に対して、ユーザーファーストにするにはどうすればいいか?

こちらは製作会社との伴奏が必要になってきますが、自社で考えるのも必要な項目になってきます。

読み手の視点で考えると、ホームページを見る目的は、「上手くできない時に良い方法・ノウハウ・手段」を得ることになります。

大切になるのは、体験に基づいた情報であるかどうかです。

実体験に基づく情報は「読み手が知りたいこと」ですよね。

そこにしかないオリジナル情報になります。

これを制作会社と一緒に考えていく上で、必要になってくることを事前に考えておくと、今後のやりとりがスムーズになってきます。

 

まとめ

今回は、ホームページを作成していく上で、考えておくべき事をまとめてきました。

ちょっとした疑問でも構いませんので下記のフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

    企業名*
    お名前*
    ご連絡先*
    メール*
    お問い合わせ内容