Column
【必見】お問い合わせフォームの重要性
2021/10/13

今回は、ホームページに設置しているお問い合わせフォームの重要性についてのお話です。

まず、ホームページの大きな目的の1つとしてお客様からお問い合わせをいただくという目的があると思います。

そこで欠かせないのがお問い合わせフォームですが、貴方のホームページにはお問い合わせフォームは付いていますか?

 

【お問い合せフォームがついていないと…】

お問い合わせフォームが付いてない場合、多くは連絡先として会社メールアドレスだけ記載をして、こちらにメールをお送りくださいという仕様になると思います。

しかしその仕様だと、お問い合わせをしたいお客様は以下の手順を行う必要があり、かなりの手間になってしまいます

  1. ホームページを訪れる
  2. お問い合わせページに記載があるメールアドレスをコピーする
  3. 自身のメールアプリを立ち上げて、メールアドレスを貼り付ける
  4. 送り先や担当者を確認しながら、件名と本文を全て自分で考えてメッセージを書く

 

 

これは想像以上にお客様にとっては手間で、その手間がせっかくのお問い合わせ獲得を逃している可能性が高いです。。。

 

【お問い合せフォームのメリット】

お問い合わせフォームをしっかり活用すると、お客様の手間を省くことでお問い合わせの増加が狙えるだけでなく、自社が事前に知りたい情報も獲得することが可能です。

そのため必要な情報を知った上で、貴方からお客様へ連絡をすることが可能になります。

お客様の手間を減らして、御社は事前に必要な情報を獲得できる。

上記をふまえて、やはりお問合せフォームを設置しない理由はありません

 

【お問い合せフォームの注意点】

企業様にとってもお客様にとってもメリットがあるお問い合わせフォームですが、お問い合わせフォームを使用する上でいくつか注意点もございます。

これらの点は、すでにホームページにお問い合わせフォームが付けている方も是非一度ご確認ください。

 

① プライバシーポリシーの承諾が必須

 →お客様の情報を取得するには、個人情報を取り扱う上での承諾が必要になります。

  • お問い合わせフォームにチェックボックスなどを付けて、プライバシーポリシーの承諾を得ましょう。

 

② スパム(迷惑メール)の対策が必要

 →スパム(迷惑メール)は項目を自動入力するロボットが対応していることが多いです。

  • ロボットが対応しにくいチェックボックスや画像の判定をするようにしてスパムを送りにくい設定にすると良いでしょう。

(スパム対策は不要なメールを受け取らなくて済むため、大事なお問い合わせの取りこぼしを防ぐことができます

 

③ 自動返信メール

 →お問合せフォームからのお問い合わせが正常に行われたことをお客様にお伝えする自動返信メールを設定しましょう。

  • 自動返信メールの内容はお客様のお名前やお問い合わせ内容の確認、こちらから何営業日以内に返信する旨などを記載するようにしましょう。

 

④ 送信完了画面

 →お問合せフォームからのお問い合わせが完了した際に、送信完了ページへ推移するよう設定しましょう。

  • お問い合わせをいただいたお客様へ特定の情報を表示したり、お問い合わせをいただいたお礼や何営業日以内に返信する旨などを記載するようにしましょう。

 

貴方のホームページ・お問い合わせフォームはいかがでしょうか?

お問い合わせフォームの設置方法や、プライバシーポリシーの承諾・スパム対策のやり方など、お問い合わせフォーム関連でわからないことがある方は、弊社から無料でアドバイスをさせていただきますのでお気軽に下記のフォームからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

    企業名*
    お名前*
    ご連絡先*
    メール*
    お問い合わせ内容