Column

聞き慣れないけどとても重要なSSLとは?

 

SSLとはインターネット上のやり取りを暗号化して送受信をする仕組みのことです。SSL化をすると個人情報の漏洩も防ぐことができます。またSSL対策はセキュリティの向上、SEO対策としても重要になります!

 

今回は聞き慣れないけどとても重要なSSLについて、3つのポイントに分けてご紹介します。

 

1.  SSLとは

2.【必要性】SSL対応していないと。。。

3.【簡単】SSL対応しているかの見極め方

 

1.SSLとは

 

 

SSLとはインターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組みのひとつです。暗号化することで個人情報や機密情報の漏洩を防ぐとともに、なりすましなどの対策にもなる情報セキュリティ対策のひとつです。

 

なんだか難しく感じるかもしれませんが「インターネット上で情報のやりとりをする上で情報を守るために暗号化する」ための仕組みです。主にインターネット上で発生する情報のやりとりは「問い合わせフォームに入力する個人情報」「ログイン情報」「クレジットカード情報」などがあげられます。

 

2.【必要性】SSL対応していないと。。。

 

 

SSL対応をしていない場合に起こるデメリットとしては以下のものが考えられます。

 

1.情報の漏洩

2.ユーザーへの不信感から起こる機会損失

3.SEO(検索順位)の低下

 

どれも企業としては避けたいデメリットばかりです。なぜこのようなデメリットが発生するのかご説明します。

 

1.情報の漏洩

 

先述したとおりSSLは通信時の情報の暗号化を行うことを指します。ホームページにあるお問い合わせフォームには個人情報を入力することがほとんどです。SSL対応していない場合、個人情報がそのままインターネットを通して送信されるため、悪意あるユーザーがこの情報をそのまま確認し悪用することが出来てしまいます。

 

それ以外にもホームページの管理画面などにログインする際に入力するID/パスワードなども、SSL対応していないと抜き取られてしまう可能性があります。管理画面へのログイン情報が抜き取られてしまうと、ホームページの情報の改ざんの原因にもなります。

 

2.ユーザーへの不信感から起こる機会損失

SSL対応していないホームページはブラウザの仕様上、警告文が表示されてしまいます。例えばGoogleの場合、ブラウザ上部にあるアドレスバーに「保護されていない通信」と表示されます。これはユーザーに不信感を与え、直接的な機会損失になる可能性が非常に高いです。情報の漏洩する可能性があるホームページのお問合せフォームに、個人情報や会社情報を入力するのは誰でも拒否反応が出てしまいますよね。。。

 

3.SEOの低下

上記の理由から大手検索エンジンはSSL対策をしていないホームページの検索順位を下げると発表しています。検索エンジン運営はユーザーに有益な検索結果を表示して信頼を得たいと考えています。そんな中で通信が保護されていないホームページを上位に表示してしまってはユーザーの信頼を失ってしまいます。検索エンジン運営としては当然の措置ですね。。。そのため現在ではSSL対策は必須の施策となっています。

 

3. 【簡単】SSL対応しているかの見極め方

 

 

ではそんな重要なSSL対策。

自社のホームページは行っているのか?をご確認いただくのは非常に簡単です。

 

確認方法①
ホームページのURLが「https://」から始まっているか?

 

SSL対策されているホームページはURLが「https://」から始まります。

逆にSSL対策されていないホームページは「http://」から始まります。

小さい違いですがこの「s」が非常に重要になります。

まずはホームページのURLをご確認ください。

 

確認方法②
鍵マークが付いているか?

 

こちらは先述した「保護されていない通信」の表示が出ていないかの確認方法です。ブラウザ(Googleなど)でホームページへアクセスしてみてください。上部のアドレスバーのところに「保護されていない通信」の表示がなく鍵マークが出ていればSSL対応している証です。こちらも簡単にひと目で確認できますので、是非ホームページへアクセスしてみてください。

 

確認方法③
「http://」にはアクセス出来ないか?

 

確認方法①、②をクリアした方もまだ油断はできません。ホームページは少しでもURLが異なれば別のページとして認識されます。そのためSSL化されていないURLにアクセス出来てしまう可能性があるのです。

 

SSL化対応済:https://eeevo.asia/

SSL化未対応:http://eeevo.asia/

 

上記は当社ホームページURLですが下段の「http://」から始める未対応のURLにアクセスしても、自動的にSSL対応した「https://」のほうへ飛ぶようになっています。SSL対応していないURLにユーザーがアクセスした際、自動的にSSL対応しているサイトへ飛ぶようにしておくと、誤ってユーザーがSSL未対応のサイトへ訪問しても情報漏洩の問題がありません。

 

まとめ

 

違い②

 

ここまで読んでいただき、有難うございました。

今回は、聞き慣れないけどとても重要なSSLとは?をまとめてきました。

 

しかし、「実際にどうやってSSL対策をしたらよいかいいかわからない」「SSL対策をしたが改善点が分からない」という企業様のお力になるために「30分ホームページ無料診断」というサービスを行っております。御社ホームページの改善点を調査し、30分ほどのオンライン面談にて無料でご説明させていただきます。ご希望の方はお気軽にご返信ください。

 

さらに、より詳しく知りたい方には、「ホームページ作成を成功させるための手順・進め方マニュアル」を無料でお送りしています。ご希望の際は下記メールフォームから「資料希望」と記入いただき、お問い合わせください。

 

のちほど担当者より資料をお送りいたします。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

Contact us